パン作りのプロを目指すなら教室で教われないスクールを選択

パン教室よりもスクール~経営ノウハウを身につけよう~

ロゴ

パン作りのプロを目指すなら教室で教われないスクールを選択

パン

パンについて学ぶ

パン教室では、パンの作り方を学ぶことができます。しかし、パン教室の場合は基本的にレシピが決まっており、そのレシピ通りに作っていくので専門的な知識を身に着けるのは少々難しいと言えるでしょう。基礎からしっかりとパンについて学びたいと思う場合は専門スクールに通うと良いですよ。

専門学校に通うメリット

専門学校に通うメリットは上記で挙げた以外に、経営についても学ぶことができます。パン教室ではベーカリーショップの経営については学ぶことができません。独学で経営しても問題はないのですが、失敗しないためにも専門学校に通って学ぶのがベストだと言えるでしょう。専門学校では経営のノウハウを学ぶことができ、より細かな開業資金や減価償却費についても学んでいくことができます。

年齢問わず通える

パン作りが趣味という場合、趣味だけに留めるのではなく仕事として活かすのも良いでしょう。例えば、ベーカリーショップを開くのも良いですが自身でパン教室を開くことも可能です。自宅の一室を使ってパン教室を開けば新たに店舗を借りる必要がなく、また自身の都合に応じて働くことができるため年齢問わずに気軽に始めることができるでしょう。ですが、やはりパン教室を開くにしてもパンに関する知識は必要不可欠となってくるため、専門学校に通って学んでいくと良いですよ。パン教室を既に開いている人でもパンのトレンドについて学ぶことができるため、パン教室にも活かすことができます。

専門学校で学べること

パンの基礎や応用だけではなく、専門学校ではカフェについても学ぶことができます。ベーカリー専門のショップであればパンを作って販売するだけで良いのですが、カフェも一緒になっているところではカフェに関する知識も必要不可欠だと言えるでしょう。アルバイトであればパンの知識と製パン技術があれば問題ないのですが、開業してドリンクも置くところであればパンに合うドリンクについても知っておくことをおすすめします。

食の専門学校で学べる人気コース

no.1

コーヒーコース

最近はバリスタという職業に注目が集まっており、コーヒー豆に関することやマシンの使用方法などを細かく学ぶことができます。専門学校に通うことでバリスタのライセンスを取得することが可能です。

no.2

スイーツコース

スイーツコースは主に製菓に関することを学ぶことができ、将来パティシエを目指す人が通っているコースになります。素材知識や製菓倫理についても学ぶことができるため、製菓のスペシャリストを目指すことができるでしょう。

no.3

ベーカリーコース

製パンに関することを学ぶことができ、パン教室を開く他にもベーカリーショップの開業も目指すことができます。在学中にはスペシャルレシピの作成も行なえるため、独自のパンを作りあげることも可能です。

no.4

カフェコース

カフェコースではドリンクに関することだけではなく、フードに関することも学ぶことができます。包丁の持ち方から学び、衛生スキルやキッチンマナー、ショップのプランニングなどを学んでいくことが可能なためカフェを開きたい人に人気を集めているコースになります。

no.5

ビストロ&バルコース

最近徐々に人気を集めてきているビストロ、バルはお酒を扱うお店となっています。特にオシャレなお店が多いため、ショッププランニングでどういったコンセプトのお店にするのかなど決めていくことができます。また、アルコールを扱うお店になるため在学中はビールソムリエの資格も取得することが可能です。